エイジングケアの神ぶろぐ
  • HOME >
  • お肌のくすみの理由として、糖分の摂り過ぎ

お肌のくすみの理由として、糖分の摂り過ぎ

お肌のくすみの理由として、糖分の摂り過ぎを疑ってちょーだい。お菓子など、甘いものをたくさん食べているといくら化粧品でケアをしてもお肌がくすんで、黄ぐすみ状態になることがあるでしょう。


コラーゲンのはたらきが、過剰な糖と結合することで弱められているのではないでしょうか。

コラーゲンが糖に反応し、老化を招く物質に変わることをコラーゲンの糖化と考えましょう。


全身の老化が進行しないよう、糖分の摂りすぎにはくれぐれも気をつけてちょーだい。肌を綺麗にすることと歩くことは全く無関係のことのように思われていますが、本当は関係があるとされています。


姿勢を正しくして歩くと、スムーズにお肌へ血流が流れるので、代謝が活発になり肌が美しくなれますし、成人病といわれる高血圧や動脈硬化などにならないためにも効き目があるのです。時節の変化と供に皺は増えていきます。肌の調子が悪いなと思ったら、保湿効果を高めるフェイスパックはいかがでしょう。

雑誌やテレビを見ながらより、目を閉じているほうが血行がよくなり、より高い効果が得られます。
家にあるものを利用すると簡単です。

立とえば、ヨーグルトの上の透明な液(ホエー)だけでも良いのですが渇くと突っ張るので、ヨーグルトを丸ごと使います。



こすらないように注意しつつ肌に広げていき、数分から10分くらいで洗い流します。このとき洗顔料を使わないこと、タオルでこすらないことがポイントです。スキンコンディショナー的な効果があるのでガンコな部分乾燥や混合肌の悩みを解決し、シワ・くすみに集中的に働聞かけてくれるのです。実はこれ、スネの乾燥にも効果があるので、素足のシーズンには試してみてちょーだい。皮膚のかゆみをがまんできずに何度も強く掻いたり、風邪の時に何度も鼻をかんだりしていると、そんな刺激によってすら、肌は薄くなっていきます。


肌の構造をみてみると、一番外側にあって私たちが目にしているのが表皮であり、これは薄い層の重なりとなっています。
傷ついたり摩擦をうけることで、その薄い層が削られていくわけです。皮膚のバリアの役目がある表皮が減って薄くなると、その下の真皮にもダメージが届く可能性が高まります。

そんな風に真皮が損傷をうけてその機能が低下してしまうと、肌を支えていられなくなって、結果として肌にシワやたるみができてしまうのです。敏感肌(体調や気候の変化などが原因になって、今まで使っていたスキンケア用品が合わなくなってしまうこともよくあります)は、大変デリケートなので、洗顔方法を誤ると、肌のトラブルが起きることがあるのです。メイク落としの時、顔をごしごし洗いたくなりますが、お肌の弱い人の場合、顔を強く洗うと、特に肌のトラブルを起こす可能性があるのです。



適切に洗顔してデリケートなお肌と付き合っていきましょう。ニキビが発生すると落ち着いてもニキビの跡が残ることが多々あるのです。気になる吹き出物の跡を除くには、赤みが残っているニキビ跡にはビタミン(水溶性ビタミン、脂溶性ビタミン、ビタミン様物質の三種類に大別されています)Cを配合した美容液や化粧水を使って、色素が残ったニキビ跡にはピーリングジェルが効果が期待出来ます。



歳を取ると出てくる、ほうれい線を消し去るには、率先して美顔器を使ったスキンケアをを試してみてはいかがでしょう。たった2本しかないほうれい線ですが、現れてしまったほうれい線をスキンケア系の化粧品で目立たなくしたり消してしまうことは容易なことではありません。

ですので、日頃からスキンケアとして美顔器を使って、肌の奥の深い部分まで美容成分を浸透させることを推奨します。加齢と供に、お肌のシミが目立ってきた気がしませんか。
シミと一言でまとめることはできません。

その形状やどこにできたかによって、いくつかの種類に分ける事が出来、ドラッグストアで薬剤師さんに相談したり、クリニックへ行って相談するという手もあるのです。

ただし、薬では完治できないシミもあるのですので、頑固なシミでお悩みの場合は、レーザーを当てて治す方法もご検討ちょーだい。

肌トラブルと言えば、女性のよくある悩みでしょう。歳を取っていくと増えてくるシミに悩まされるものです。ビタミン(水溶性ビタミン、脂溶性ビタミン、ビタミン様物質の三種類に大別されています)の摂取がシミの対策には有効でしょう。ビタミン(水溶性ビタミン、脂溶性ビタミン、ビタミン様物質の三種類に大別されています)Cは、シミに対して効果があるのですが、これだけでなく現れてしまったシミを目立たなくしたり、なくす効果も期待出来ます。
積極的なビタミン(水溶性ビタミン、脂溶性ビタミン、ビタミン様物質の三種類に大別されています)摂取を日々する事でシミや乾燥のない肌を保てるのです。



顔のしわを取る驚異の「しわとりテープ」は、テレビで美容マニアの芸能人が魔法の効果を紹介して、私も驚きました。
貼っているだけとは思えないほど効果絶大ですが、長時間つけたままにしていると皮膚の表層のところが引っ張られるので、使用した部位によっては腫れや湿疹、赤みが?!なんてこともあって、メイクに支障が出ることもあるようです。

アイテープのスゴイ版と思えば、何と無く納得です。
しわとりテープのようなアイテムは、依存しすぎないことが大切かもしれません。

関連記事はコチラ

メニュー